カテゴリー: 【未分類】

【山口:長門:観光】長門の紫陽花寺「向徳禅寺」のご案内です

本日は、梅雨時期の今が見ごろ、長門の紫陽花寺「向徳禅寺」のご案内です。
お寺の紫陽花は、緑の木々の中に包まれた静寂なお寺を水色や紫色の花で彩られ普段とは違う雰囲気を楽しめます。それに加え、ここ長門の「向徳禅寺」は少し小高い場所にあるため、紫陽花が広がる庭の先に、日本海が臨めます。CNN日本の最も美しい場所31選に選ばれた「元乃隅稲荷神社」、日本の棚田百選「東後畑の棚田」からも約25分程です、少し足を延ばして立寄られましたらいかがでしょうか。

名称 向徳禅寺
住所 山口県長門市油谷向津具下3213
アクセス 長門湯本温泉よりお車で約35分
元乃隅稲荷神社より約22分
東後畑の棚田より約20分

Kotokuzenji Temple is known as Ajisaidera (hydrangea temple) in Nagato. In the rainy season, the serene temple is full of the hydrangea of different colors as blue, purple, pink and white. You’ll enjoy the panoramic view of hydrangea garden with the Japan Sea in the background. It is just a 25-minute drive from Motonosumi Inari Shrine and Higashi Ushirobata Tanada, so it would be nice to make a little side trip to see its beautiful hydrangea.

Venue Kotokuzenji Temple
Address 3213, Yuya Mukatsukushita, Nagato-shi, Yamaguchi-Prefecture
Direction a 35-minute drive from Nagato Yumoto Onsen
a 22-minute drive from Motonosumi Inari Shrine
a 20-minute drive from Higashi Ushirobata Tanada

向徳禅寺
向徳禅寺2016
向徳禅寺2016 2


宿 別邸 音信 〒759-4103 山口県 長門市 湯本温泉 2208
Ryokan Bettei Otozure, 2208 Yumoto-Onsen Nagato-shi,Yamaguchi-Prefecture, Japan 759-4103

明けましておめでとうございます。

謹んで新年のご祝詞を申し上げます。
旧年中はひとかたならぬ ご厚情を賜り、厚くお礼申しあげます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

2016年1月1日
        別邸 音信 スタッフ一同


0101 【音信:16】スタッフ一同
宿 別邸 音信 〒759-4103 山口県 長門市 湯本温泉 2208
Ryokan Bettei Otozure, 2208 Yumoto-Onsen Nagato-shi,Yamaguchi-Prefecture, Japan 759-4103

【山口県:旅館:別邸音信】

当館の前を流れる音信川から見た風景。
雨上がりの空がピンク色に染まっておりました。
夏を迎える前の静かな夕暮れでございます。

002-800x600
旅館 別邸 音信 〒759-4103 山口県 長門市 湯本温泉 2208
Ryokan Bettei Otozure, 2208 Yumoto-Onsen Nagato-shi,Yamaguchi-Prefecture, Japan 759-4103

【山口県:旅館:別邸音信】雨の風景

本日、こちら山口県長門市は雨模様でございます。
館内の水盤に映る水面の波が、大きくうなりを上げて揺れておりました。

水盤0514

旅館 別邸 音信 〒759-4103 山口県 長門市 湯本温泉 2208
Ryokan Bettei Otozure, 2208 Yumoto-Onsen Nagato-shi,Yamaguchi-Prefecture, Japan 759-4103

【山口県:旅館:別邸音信】お出迎え

寄り付きホールにて

おもてなし
旅館 別邸 音信 〒759-4103 山口県 長門市 湯本温泉 2208
Ryokan Bettei Otozure, 2208 Yumoto-Onsen Nagato-shi,Yamaguchi-Prefecture, Japan 759-4103

【山口県:旅館:別邸音信】「山草花のおもてなし」如月の花

本日は、当館女将が選びました今月の茶花をご紹介いたします。
春の息吹を感じる雪柳と、椿の紅唐子(べにからこ)でございます。
野の花のようにさりげなく、お客様の心に添ったおもてなしをしていきたいという思いがこめられております。
如月 茶花

別邸 音信 〒759-4103 山口県 長門市 深川湯本 2208
Bettei Otozure, 2208 Yumoto-Onsen Nagato-shi,Yamaguchi-Prefecture, Japan 759-4103

童謡詩人「金子みすゞ」のご紹介

本日は、大正時代末期から昭和時代初期にかけて、彗星のように輝いた童謡詩人「金子みすゞ」についてご紹介いたします。
明治36年(1903)に山口県長門の漁港・仙崎に生まれたみすゞ(本名テル)は、幼い頃より文学に親しみ、20歳の時に当時全盛を誇っていた童謡雑誌に詩を投稿。詩人・西条八十にその才能を見い出されます。幼いころから培った鋭い感性で、身近な自然や日常の出来事を独自の新鮮な視点でうたった童謡は、次々に雑誌で発表され、読者の心を魅了してゆきました。
しかし、昭和5年(1930)、彼女は26歳という若さでこの世を去ります。以後長らく彼女の実像は知られることはありませんでしたが、近年遺稿集が発見され、児童文学者・矢崎節夫氏の熱意により、没後半世紀を経てその生涯が再び光を浴びることとなりました。みずみずしい感性で綴られた詩が現代の人々を魅了しています。
金子みすゞ
                  「星とたんぽぽ」         
                  
                  青いお空の底ふかく
                  海の小石のそのように、
                  夜がくるまで沈んでる、
                  昼間のお星は眼にみえぬ、
                  見えぬけれどもあるんだよ、
                  見えぬものでもあるんだよ。

                  散ってすがれたたんぽぽの、
                  瓦のすきに、だァまって、
                  春のくるまでかくれてる、
                  つよいその根は眼にみえぬ、
                  見えぬけれどもあるんだよ、
                  見えぬものでもあるんだよ。

                         [JULA出版 金子みすゞ全集より]

別邸 音信 〒759-4103 山口県 長門市 深川湯本 2208
Bettei Otozure, 2208 Yumoto-Onsen Nagato-shi,Yamaguchi-Prefecture, Japan 759-4103

お迎えの様子です

写真家の田邊美樹さんに撮っていただきました。
※ 撮影協力:株式会社 一休
1000730_615602748485434_944564879_n[1]
別邸 音信 〒759-4103 山口県 長門市 深川湯本 2208
Bettei Otozure, 2208 Yumoto-Onsen Nagato-shi,Yamaguchi-Prefecture, Japan 759-4103