【天体:山口県:旅館:別邸音信】3月に観測できる星空~大谷山荘天体ドームより

3月にご覧いただける星空情報をご案内させて頂きます。
3月の中旬頃までは冬の天体、後半から遅い時間になると、沈んでしまう冬の天体にかわり、春の天体が加わってまいります。

●3月5日(日)~14日頃(火)
・月
・すばる(昴)
・シリウス

●3月15日(水)~31日(金)
・すばる(昴)
・シリウス
・ミザール

【ミザール】
北斗七星の柄の端から2番目に位置する星。
昔、アラビアで兵士の視力検査に使われた星と言われております。
(ミザールのすぐそばにより沿うようにある「アルコル」という小さな星。この星を肉眼で見ることができれば、兵士として合格。だったそうです。
通常視力が1.5以上あれば見えるようです)
さらに、望遠鏡で見ると、ミザール自体がまた2つの星に分離します。
ミザールは、複数の星がお互いに重力を及ぼしあいながら、共通の重心を中心に、一定の周期で回り合う連星です。

—–

☆3月の星空情報はこちらをクリック→ [国立天文台ほしぞら情報]

tenntai-Mar17-8001200