投稿月 : 5月 2013

別邸 音信、夏のプランのご案内です。

 


別邸 音信、夏のプランのご案内です。
好きなお部屋と料理を選べる連泊プランをご用意いたしました。
滞在中のご昼食もついた、平日限定のプランです。
夏休みにぜひ、ご利用くださいませ。
※期間:2013年6月1日~2013年8月31日

 

 

【スパ】フットリチュアルのご案内です。


『 グランデスパotozure 』
《フットリチュアル 温かな香りに包まれて》
爽やかな風と共に新緑が鮮やかに感じられる季節となってきました。

今回は、メニューの中の「フットリチュアル」を取り上げてみました。
「フットリチュアル」は直訳すると「足の儀式」ということになりますが、グランデスパotozureでは「フットバス」「フットスクラブ」を意味します。基本的には施術前に行い、お湯を張ったホーローのたらいの中で、様々な香りに包まれながら、足元を温め、足を清潔に保ち、血行を促し、全身を温めていきます。

【フットリチュアル】
◆リファインド(フットバス)
DECLEOR社のリラクシングシャワー&バスジェルを使用しながら、足元を温め洗浄、足裏のツボを刺激していきます。同時にセラピストは足裏の状態でその方の身体の疲労度や疲労の箇所を探っていきます。短い時間でのツボ押しもまた、効果的に疲れを和らげていきます。バスジェルのラベンダーやグレープフルーツの香りもまた、心身をリラックスへと開放していきます。

◆オリエンタル(フットスクラブ)
デンファレを浮かべたお湯にローズヒッポファエ(ダマスクローズやヒッポファエ配合)のバスオイルを注ぎ、フランス・ゲランド塩田のソルトとハチミツを用いながら、フットスクラブ(角質除去)を行っていきます。同時に足裏のツボの刺激も行います。施術後は足裏の爽快感とすべらかな肌の潤いを感じて頂けることでしょう。

♪フットリチュアルはそのセラピストが行う様が、あたかも傅くような態勢の様子から、ゲストであることの気分を得られる一瞬やも知れません。
それぞれの施術の効果をより高めるためのプレアイテム、非日常への切り替えのためのスイッチとしてのアイテムともなるメニューの一つです。プラスアルファとしてのご利用がお勧めです。

別邸 音信 〒759-4103 山口県 長門市 深川湯本 2208
Bettei Otozure, 2208 Yumoto-Onsen Nagato-shi,Yamaguchi-Prefecture, Japan 759-4103

作家の柏井壽先生の新書、『日本百名宿』に当邸が掲載されました。

 


「小さすぎない、必ず満足できる温泉リゾート」、「しっとりとした情緒を湛えながらも、宿の中には軽やかな空気が流れている」、素敵に紹介していただきました。

 

『 今月の天体;土星 』


5月のおすすめの天体は、土星です。
4月の末に地球に最も近づいた土星が、これから観望の好期を迎えます。
現在、土星を周回しながら、調査を続けている探査機カッシーニから送られてくる鮮明な画像が研究者たちに多くの新しい発見をもたらしています。
直径が5000kmと太陽系の衛星の中で2番目に大きいタイタンの地表が地球によく似ていることや、衛星エンケラドスから生命に必要な有機物を含んでいる可能性がある間欠泉が噴出していること等、土星は今非常にホットな話題を提供してくれる惑星です。
また公転周期30年の土星は、地球と太陽との相対的位置関係から、15年毎に地球から見て輪が水平になるため、細い線にしか見えなくなり、状況によっては望遠鏡で見ても輪が焼失してしまうことがあります。
2010年がその年に該当していましたが、それ以来輪は徐々に開きつつあり、今年は昨年よりも一段と見やすくなっています。
最近は、20時30分くらいから、土星の輪をご覧いただけます。先日、3泊されたお客様で、天体望遠鏡で見た土星にいたく感動され、ご滞在中の3日間、毎日ご覧になられておられました。今が見頃の土星、大谷山荘8階、ギャラリーでお待ち申し上げております。

別邸 音信 〒759-4103 山口県 長門市 深川湯本 2208
Bettei Otozure, 2208 Yumoto-Onsen Nagato-shi,Yamaguchi-Prefecture, Japan 759-4103

【料理】皐月の大寧寺風典座料理(精進料理)のご紹介


『皐月の大寧寺風典座料理(精進料理)のご紹介』
青葉繁れる好季節を迎えました。皆さま、お元気でいらっしゃいますでしょうか。
早くも、5月の1日、今月の典座料理をご紹介いたします。
~皐月大寧寺風典座料理~
【飯】蚕豆飯;ひすい蚕豆
【汁椀】すまし汁;筍・若布、小角豆腐・木の芽
【香皿】須々保里漬;大根・胡瓜
【猪口】岩もずく酢;卸し生姜
【坪】胡麻豆腐;木の芽味噌
【平皿】高野豆腐含ませ;椎茸・若南瓜、ちじみ菜
ご飯でございますが、蚕豆ご飯でございます。初夏ですので、上に蚕豆を青く炊いたひすい蚕豆をのせております。
汁椀はすまし汁、中に、たけのこ、若布、小角に切った豆腐、木の芽でございます。
香皿は、大根と胡瓜の須々里漬けでございます。
猪口は、仙崎の岩もずく酢、上に卸し生姜でございます。
坪は、上に木の芽味噌の、胡麻豆腐。
平皿は、精進だしを含ませた高野豆腐と椎茸、若南瓜、ちじみ菜でございます。ちじみ菜は、小松菜とターサイをかけ合わせたものです。

初夏の爽やかな風が館内に流れます。今は、ご滞在には絶好の季節、皆さまのお越しをこころよりお待ち申し上げております。

別邸 音信 〒759-4103 山口県 長門市 深川湯本 2208
Bettei Otozure, 2208 Yumoto-Onsen Nagato-shi,Yamaguchi-Prefecture, Japan 759-4103