Tag Archives: 焼抜蒲鉾

【山口県:旅館:料理:仙崎蒲鉾】板わさのご紹介です。

本日は、The Bar OTOZUREの人気メニュー「板わさ」をご紹介いたします。
こちらの板わさに使用されております蒲鉾は、老舗名店・大和蒲鉾の「浜千鳥」でございます。
浜千鳥は、農林水産大臣賞など数々の賞を受賞しており、宮内庁御用達の極上蒲鉾。冷凍すり身に頼らず、その日の朝に獲れた高級魚「生エソ」だけを使用。原材料が獲れない日は製造を休むというこだわりようでございます。
また、全国的に知られる蒸し蒲鉾とは違い、仙崎伝統の焼抜製法(魚肉を乗せた板の下から遠火でじっくり焼き上げる)が用いられているため、プリプリッの食感が味わえます。初めてお召し上がりになる方は、この「弾むような歯ごたえ」と「しなやかさ」に、みなさま驚かれ、お土産にお求めになる方も多くいらっしゃいます。(大谷山荘売店にて取扱いあり)
焼抜蒲鉾をお召し上がりになったことのない方には、ぜひご賞味いただきたい一品でございます。


Itawasa, slices of Kamaboko grilled fish paste served with wasabi horseradish and soy sauce, is one of the popular dishes at the bar OTOZURE. AS for the Kamaboko of this Itawasa, ‘Hamachidori’ from the long-running Kamaboko shop ‘YAMATO KAMABOKO’ is served. ‘Hamachidori’ is a multi-award-winning Kamaboko, holding a Japanese royal warrant. They make kamaboko from freshly caught fishes in the morning, not using frozen minced fish paste. Their factory is closed on the day they don’t catch fishes.
Differing from the other area in Japan, this Kamaboko is made by unique method, and it gives the Kamaboko a smooth and bouncy texture. Just try one, if you never taste it!

板わさ

旅館 別邸 音信 〒759-4103 山口県 長門市 湯本温泉 2208
Ryokan Bettei Otozure, 2208 Yumoto-Onsen Nagato-shi,Yamaguchi-Prefecture, Japan 759-4103