長門湯本温泉・恩湯が1年後にREOPEN

来年11月にリニューアルオープン予定の長門湯本温泉・恩湯。その仮ホームページがオープンいたしました。
大谷山荘や当館のお風呂に加えこの恩湯もお客様に喜んでいただけるアクティビティのひとつになることと謹んでご案内させていただきます。

——-
ある月の明るい夜、太寧寺の定庵禅師が寺の周りを散歩していると、石の上で座禅をしている老人に出会った。
名を問うと、老人は和歌で返答したという。

松風の声のうちなる隠れ家にむかしも今も住吉の神
(私は長門一の宮の住吉明神。禅師の説法が聞きたい。)

その老人は長門一宮(下関)の住吉大明神であった。
名僧と名高い定庵禅師の説法の席に通い仏道を修めた老人は
応永34年3月23日、定庵禅師から法衣を贈られた。
その法恩に報いるため、

法恩甚だ重し。他日、南に下ること八丁の地に温泉を沸かして衆僧の灌浴に便せん
(温泉を出しました。信者や病気の人に利用していただければ幸いです)

と告げた。
するとたちまち雷鳴が轟き、老人は大きな龍の姿になって雲の上に消えていった。
——-

600年に渡り”神授の湯”として受け継がれてきた恩湯。
その呼称からも、人々のお湯に対する尊敬の念や感謝の心がうかがえるような気がいたします。
この恩湯を中心にして、2019年11月長門湯本に新しい景色が生まれます。
どうぞご期待いただけましたら幸いです。

恩湯:長門湯本温泉 〜山口県最古・開湯600年の神授の湯〜 仮ホームページはこちら>>

おとずれリバーフェスタ2018のご案内


昨年はじめての開催で、たくさんの来場者の方でにぎわった「おとずれリバーフェスタ」。
今年も開催の運びとなりました。
よりすぐりの飲食店やワークショップ、物販など様々なお店が出店され、
一日を通して長門湯本温泉街を楽しんでいただけるイベントとなっております。

別邸音信にご滞在のお客さまにも、地元のにぎわいを体感していただけましたら幸いです。
ご参考に、昨年のリバーフェスタの模様をご紹介しているブログ記事を掲載いたします。皆様ふるっておでかけくださいませ。

おとずれリバーフェスタの模様をご紹介いたします その1

おとずれリバーフェスタの模様をご紹介いたします その2







おとずれリバーフェスタ2018 facebookイベントページ>>
おとずれリバーフェスタ2018 特設HP>>

音信川と橋の夜 vol.02 イベント報告

台風12号が近づく中、”音信川と橋の夜”イベントが開催されました。
湯本の旅館の浴衣姿の方もお見受けしまして、地元のみなさんだけでなく
観光で長門湯本にお越しの方も数多くおでかけいただいたようです。
その様子をご紹介いたします。

川辺の心地よい風を受けながら。イベントスタートです。

長門湯本イベントおなじみの、立ち飲みカウンター。

長門市駅前のカフェ、あいころりん。ほろほろの長州どりがたくさんのトマトカレーが人気でした。

長門やきとりの名店、ちくぜん。長州どりの美味しさがよくわかる、チキンロールや蒸し胸肉が入ったおしゃれなBOXが飛ぶように売れていました。

長門湯本の人気カフェ、cafe&pottery音(おと)は定番メニューをひっさげての出店でした。ミネストローネは長門産の旬の夏野菜8種を丁寧にことこと煮込んだ人気の一品。野菜の旨味が凝縮された滋味深いひとさらでした。

ご参加のみなさま、ワイワイととっても楽しそうでした。

近所の子どもたちが元気に川辺を走り回って遊んでいました。

会場のきらきら橋は別邸音信の玄関目の前です。

長門湯本イベント、今後も開催予定です。音信ブログでもご案内させていただきます。