イルカの群れに会えるかも?青海島観光汽船

当館からお車で15分ほど行かれますと「海上アルプス」との異名を持つ、
風光明媚な青海島(おうみじま)がございます。
大自然が長い時間をかけて作り上げた洞門や断崖絶壁・石柱・奇岩・怪岩など、
青海島の”芸術作品”を海上から鑑賞できる観光汽船を本日はご紹介いたします。

その日の海の状況に応じてコースが変わります。
青海島をぐるっと一周する「青海島一周コース」は約1時間20分の乗船時間です。
クジラやイルカをモチーフにしたなんともかわいらしい船が皆さまを海へお連れします。
そのチャーミングな姿をセンザキッチンなどから見守るのも楽しい観光船です。

海原へ出航するイルカ船(動画が再生されます)

最近では、運が良ければイルカの群れに遭遇することもあるようです。
もしイルカたちに会えたら、さらなる山口観光のよき思い出になるかと存じます。

青海島観光汽船は予約なしでご乗船いただけます。
ここ最近は波も穏やかで海の透明度が高く、絶好のコンディションとのこと。
長門観光のひとつにぜひ加えていただけたらと思います。

その日のコース・時刻などの情報は別邸音信フロントにお気軽にお尋ねくださいませ。

青海島・西円寺に咲く「青蓮」をご紹介いたします。

旅先では、少し早起きをして、新鮮な一日をスタートしませんか?
本日は、今が見頃の青海島・西円寺に咲く「青蓮」をご紹介いたします。

毎年、7月上旬から8月上旬にかけて、大型の白い花びらを八重に咲かせる品種の「青蓮」。蓮の花は寺院とゆかりのあるものが多く、育った場所にちなんだ名前がつけられるようです。青海島の「青蓮」も、西円寺に古くから植えられてきた蓮で、僧侶が中国に留学した際に持ち帰ったと言われています。蓮の花は短命で、開き始めてから3~4日で散ってしまうとのこと。午前中に咲いた花が午後に閉じてしまうそうです。(朝7~9時頃がおすすめ)
また、入口のある山門は毛利公の菩提寺である「大照院(萩)」から移築したもので、桃山建築のなごりを残す山口県指定の有形文化財となっております。

名称 西円寺
住所 山口県長門市仙崎2118(当館よりお車で約20分)

Wake up early and get a head start while travelling?
Here is ‘Aobasu’ lotus at Saienji Temple in Omijima. They bloom July to early August with big white petals. Long time ago, ‘Aobasu’ lotus was brought and planted at Saienji Temple by the buddhist monk who had studied in China. An flower will die after three to four days. The lotuses all open together in the morning and they tuck their petals away at dusk. (at their most beautiful around 7:00am to 9:00am)

Venue Saienji Temple
Address 2118, Senzaki, Nagato-shi, Yamaguchi-Prefecture
*a 20-minute drive from Bettei Otozure

西円寺の青蓮1

西円寺の青蓮2

西円寺の青蓮3

西円寺

宿 別邸 音信 〒759-4103 山口県 長門市 湯本温泉 2208Ryokan Bettei Otozure, 2208 Yumoto-Onsen Nagato-shi,Yamaguchi-Prefecture, Japan 759-4103