「惑星」観測で移りゆく季節を楽しみませんか?~大谷山荘天体ドームより

9月にご覧いただける、長門の星空観測情報をご案内いたします。

9月の天体は、夏の天体と秋以降の天体が少しづつ入れ替わるシーズン。
ちょうど、季節の変わり目でございます。
今年は惑星観測に絶好で、9月いっぱいまでは「土星」の他、
この夏、地球に大接近した「火星」をご覧いただけます。
(10月以降、来年の春頃まで惑星観望が難しくなります。)

宇宙の神秘ですね。
この時期ならではの星空をお楽しみいただけたらと思います。

別邸音信にご宿泊者のお客様も無料でご覧いただけます。
事前にお電話にてご予約くださいませ。
別邸音信 予約センター TEL:0837-25-3377

<9月の観測予定>

●9/1(土)~19(水)
・火星(惑星)
・土星(惑星)
●9/20(木)~30(日)
・月(衛星)
・ベガ(恒星)又はアルビレオ(恒星)

もっと詳しく星空のことを知りたい時は、「国立天文台ほしぞら情報」のサイトが大変参考になります。
ぜひご覧くださいませ。

一等星「ベガ」と大接近の「火星」を見ませんか?~大谷山荘天体ドームより

8月にご覧いただける、長門の星空観測情報をご案内いたします。

8月は、7月に引き継き、土星とベガをご覧いただけます。
まずは、夏の夜空にみごとな大三角形をかたどる星のひとつ「ベガ」。
ケンタウルス座のアルファ星・アルクトゥールスについで、
全天で五番目に明るいこと座の一等星です。

また、この夏の注目は、2003年以来、15年ぶりに地球に大接近する「火星」。
その距離はなんと、約6,000万キロメートル。
5,576万キロメートルまで接近した2003年に近い大接近です。
ただ今、南東の低い位置の空に20:30以降よりご覧いただけます。

別邸音信にご宿泊者のお客様も無料でご覧いただけます。
事前にお電話にてご予約くださいませ。
別邸音信 予約センター TEL:0837-25-3377

<8月の観測予定>
・土星(惑星)
・ベガ(恒星)
・火星(惑星)

この季節の星空のことは、 「国立天文台ほしぞら情報」 のサイトに詳しく掲載されております。こちらもぜひご覧くださいませ。

「土星の環」を鑑賞していただけます~大谷山荘天体ドームより

7月にご覧いただける、長門の星空観測情報をご案内いたします。

7月は、土星の観望の好機です。土星の特徴である「環」は、2つの環とその隙間が確認されており、肉眼では見えませんが、望遠鏡でみることができます。
土星のリングの成分は、数センチから数メートルサイズの無数の氷の粒子。
15年ごとに輪を真横から見るようになります。
その時の厚さが50メートル前後しかないため、細い線のように見えます。

30年かけて太陽のまわりを回っている土星は、太陽と地球、土星の位置関係が変わるにつれて、地球から見た環の開き具合も変化いたします。昨年は、環が大きく開いて見えておりました。

また、もう一つ、今年の夏は火星の観望の好機です。
ちょうど、7月31日頃、赤く輝く火星が地球に大接近します。
※南東の低い空に現れるため、天体ドームからの観望が難しい場合もございます。

別邸音信にご宿泊者のお客様も無料でご覧いただけます。
事前にお電話にてご予約くださいませ。
別邸音信 予約センター TEL:0837-25-3377

<7月の観測予定>
●7月3日(火)~7月8日(日)頃
・月
・土星

●7月9日(月)~7月31日(火)頃
・土星
・ベガ

この季節の星空のことは、「国立天文台ほしぞら情報」のサイトに詳しく掲載されております。こちらもぜひご覧くださいませ。