山口県/周辺観光スポットをご紹介

山口県にお越しの際には是非お立ち寄りいただきたい観光スポットをいくつか

ご紹介いたします。

 

「元乃隅(もとのすみ)神社」 ※当館よりお車で約30分

今や山口県を代表する観光地のひとつ 

2015年春、CNNが発表した「日本の最も美しい場所31選」の1つとして紹介された断崖絶壁にある神社。123基の鳥居が日本海へ向かって約100m並ぶ景色は圧巻!神社敷地内にある高さ約6mの大鳥居の上部には賽銭箱が設置されており、見事、賽銭を投げ入れることができたら願い事が叶うと言われています。

②角島(つのしま) ※当館よりお車で約60分

エメラルドグリーンの海の中を一直線に伸びていく角島大橋

映画やCMのロケ地としても取り上げられる絶景スポットです。

島内には下関市北西端にある貴重な文化遺産「角島灯台」の他公園として整備された地には夏にはハマユウ、これからの時期にはダルマギグが咲き誇ります。

ここでしか味わえない新鮮な日本海の幸も是非♪

秋吉台(あきよしだい) ※当館よりお車で約30分

美祢市の中・東部に広がる日本最大級の「カルスト台地」

カルスト台地とは石灰岩などが雨水や地下水によって浸食されてできた台地のことで、「秋吉台」には草原の上に白い石灰石が無数に転がる360度の大パノラマが広がります。

季節ごとに違った景色が広がる壮大な台地を是非お楽しみください。

最後に山口県が誇るソウルフード「瓦そば」をご紹介♪

熱々の瓦の上に茶そばを乗せ、その上に錦糸卵や牛肉などの具材を乗せた食べ物で、めんつゆにくぐらせていただきます。

瓦の上で焼かれたそばのパリパリ食感と具材、めんつゆの組み合わせが絶妙な山口県の郷土料理。

当館から徒歩3分の「瓦そば柳屋」、瓦そば発祥の下関市川棚の他、県内各地でお召し上がりいただけます。

おなじみの観光地も、季節を変えて是非お楽しみくださいませ。

当館では各種観光パンフレットもご用意いたしております。ご希望の際にはお申し付けくださいませ。

 

 

長門国一宮 住吉神社 国宝本殿造営・寄進650年記念特別展のご案内

下関市にある長門一の宮、住吉神社の本殿が、今年で造営・寄進650年を迎えます。この節目の年として、本殿や九間社流造りの檜皮葺き屋根を拝観できる企画が開かれます。合わせて、下関市立美術館では、住吉神社に関する文化財を紹介する特別展が催され、その主役として、大寧寺所蔵の「住吉大明神」の神像が展示されることになりました。会期は2020年7月26日(日)までです。この機会に住吉神像の里帰り遷座を、是非ご覧にお越しくださいませ。

続きはこちら>>

【住吉神社 長門国一宮 本殿(企画展限定拝観)】

 

【大寧寺蔵 住吉神像 下関市立美術館にて (企画展限定拝観)】

 

【住吉神社 長門国一宮 御神木】

 

住吉神社 長門国一宮 ( 下関 観光情報 )

 本日は、住吉神社・長門国一宮のご案内です。
 下関の住吉神社は、全国で2,300社あると言われる住吉神社の中でも、総本社である大阪の住吉大社、古代的心性が今なお息づいている博多の住吉神社にならび、三大住吉のひとつとして成されており、山口県にお越しになられた際は、ぜひとも訪れていただきたい場所のひとつです。

 目玉は、山口県内で国宝に指定されている、わずか三軒の建造物の内のひとつ、『住吉神社本殿』、1370年に大内弘世により造営されたもので、こちらの九間社流造(きゅうけんしゃながれづくり)は、ここでしか味わうことのできない美しい流造りです。
また、『住吉神社拝殿』は毛利元就の寄進により1539年に造営されたもので、国の重要文化財に指定されています。
大内家、毛利家、歴代の大名にも大事にされてきた場所ということが伺えます。

 住吉神社・長門国一宮は、大阪の住吉大社とは異なり、住吉三神(底筒男命、中筒男命、表筒男命)を第一殿に括って祀られています。
同じ住吉でも、魂の二つの現れがあり、魂もまたそれぞれに祀られ、大社は和霊(にぎたま)、対し、長門国一宮は荒魂(あらみたま)が祀られています。
大社と同じように、神功皇后は供に祀られており、長門国一宮はそれに続いて、応神天皇、武内宿禰、そして建御名方が祀られています。
諏訪まで影響力を及ぼした、出雲系の建御名方が祀らているのが特徴的で、軍神としての側面をもつ建御名方の力にあやかって、大内氏が大事にしていたのかもしれません。

 実は、長門湯本にある住吉神社も、温泉の神として、下関の住吉大明神を祀っています。

名前 住吉神社長門国一宮
住所 山口県下関市一の宮住吉1丁目11−1(当館よりお車で約60分)
電話番号 083-256-2656

1

2

3

住吉神社長門国一宮の拝殿、毛利元就の寄進により1539年に造営されたもので、国の重要文化財に指定されています。
4

5

長門一宮住吉神社本殿(国宝)は、1370年に大内弘世により造営された。正面に千鳥破風をもつ一間社流れ造りの五神殿を合の間で連結し、全体を九間社流造りの一つの建物としたもので、ここでしか味わうことのできない美しい造りです。
6

7

8

9

10