山口県/周辺観光スポットをご紹介

山口県にお越しの際には是非お立ち寄りいただきたい観光スポットをいくつか

ご紹介いたします。

 

「元乃隅(もとのすみ)神社」 ※当館よりお車で約30分

今や山口県を代表する観光地のひとつ 

2015年春、CNNが発表した「日本の最も美しい場所31選」の1つとして紹介された断崖絶壁にある神社。123基の鳥居が日本海へ向かって約100m並ぶ景色は圧巻!神社敷地内にある高さ約6mの大鳥居の上部には賽銭箱が設置されており、見事、賽銭を投げ入れることができたら願い事が叶うと言われています。

②角島(つのしま) ※当館よりお車で約60分

エメラルドグリーンの海の中を一直線に伸びていく角島大橋

映画やCMのロケ地としても取り上げられる絶景スポットです。

島内には下関市北西端にある貴重な文化遺産「角島灯台」の他公園として整備された地には夏にはハマユウ、これからの時期にはダルマギグが咲き誇ります。

ここでしか味わえない新鮮な日本海の幸も是非♪

秋吉台(あきよしだい) ※当館よりお車で約30分

美祢市の中・東部に広がる日本最大級の「カルスト台地」

カルスト台地とは石灰岩などが雨水や地下水によって浸食されてできた台地のことで、「秋吉台」には草原の上に白い石灰石が無数に転がる360度の大パノラマが広がります。

季節ごとに違った景色が広がる壮大な台地を是非お楽しみください。

最後に山口県が誇るソウルフード「瓦そば」をご紹介♪

熱々の瓦の上に茶そばを乗せ、その上に錦糸卵や牛肉などの具材を乗せた食べ物で、めんつゆにくぐらせていただきます。

瓦の上で焼かれたそばのパリパリ食感と具材、めんつゆの組み合わせが絶妙な山口県の郷土料理。

当館から徒歩3分の「瓦そば柳屋」、瓦そば発祥の下関市川棚の他、県内各地でお召し上がりいただけます。

おなじみの観光地も、季節を変えて是非お楽しみくださいませ。

当館では各種観光パンフレットもご用意いたしております。ご希望の際にはお申し付けくださいませ。

 

 

長門湯本温泉「恩湯」「恩湯食」 オープン

長門湯本温泉の立ち寄り湯「恩湯」が2020年3月18日(水)本日、オープンいたしました。
午後1時ごろの長門湯本温泉街の様子をご紹介いたします。

「恩湯」は長門湯本温泉の観光まちづくりの中心的存在。
温泉街をゆったりと流れる音信川とまちの背景に広がる豊かな山間の自然が、
恩湯を中心にひとつにつながる設計となっています。

建物のデザインは、仏生山温泉を建築された岡昇平氏。
装飾をそぎ落とした、美しくシンプルな平屋造り。
木材の温かみを感じる素朴な佇まい。
大寧護国禅寺(大寧寺)を基とする禅の精神がそこかしこに感じられます。

オープン日の18日はお天気にも恵まれ、恩湯の施設利用だけでなく
川辺遊びに興ずるご家族連れのみなさまのお姿もたくさん見られました。

「恩湯」の隣に「恩湯食」も同時オープン。
お昼どきとあって、店内は満席状態でした。

ランチボックスやコーヒーのテイクアウトもできるそうですので
川床でランチもおすすめです。

「恩湯」「恩湯食」 は別邸音信から歩いて5分ほどの場所にございます。
これから音信川の桜が満開に咲いた時節には、川辺のご散策におすすめです。
.
.
恩湯(おんとう)

場所:山口県長門市湯本温泉2265(旧恩湯)
営業時間:10:00~22:00
定休日:毎月第3火曜日(祝日の場合は変更あり)
入浴料金:大人…700円(土日祝800円、特定日900円)、子供(4~12歳)400円、3歳以下のお子様無料
備考:特定日は、年末年始、お盆、ゴールデンウィークなど
電話:0837-25-4100
.
.
恩湯食(おんとうしょく)

場所:山口県長門市湯本温泉2270-5 (恩湯に隣接)
営業時間:11:00~22:00(ラストオーダー21:00)
定休日:毎週水曜日(祝日の場合は変更あり)
備考:室内・テーブル20席、カウンター6席、合計26席、屋外・カウンター6席 総計32席
電話:0837-25-4333
.
.
◆長門湯本温泉駐車場

場所:山口県長門市湯本温泉2332-1(恩湯の上)
営業時間:24時間
定休日:なし
自動車駐車利用料金:最初の1時間/平日100円、土日祝200円、以後/平日1時間毎100円、土日祝30分毎100円、最大料金/全日1000円(入庫後24時間以内)
バス駐車利用料金:日中(8:00~18:00) 最初の1時間1000円、以後1時間ごと1000円、夜間(18:00~翌朝8:00)1時間毎1000円、最大料金3000円 ※土日祝も同じ
備考:バイク利用料金/無料、バス駐車場(3台)のご利用は2日前までのご予約が必要

長門湯本温泉『cafe&pottery音』 企画展のご案内

長門湯本温泉街にある人気のギャラリーカフェ『cafe&pottery音』さんで、年末恒例の企画展「てのひらの景色’19」が開催されます。
おなじみの萩焼深川窯の3作家に加え、今年は京都の高木岩華さん、備前の藤田昌宏さん、湘南の浪治明子さんが出品されるそうです。
暮らしを彩る、種々様々な器類が楽しい企画展。湯本温泉ご滞在の思い出に・お土産探しにおすすめです。
.
.
てのひらの景色’19
出品作家
高木岩華
浪治明子
藤田昌宏
坂倉善右衛門
坂倉正紘
田原崇雄
(順不同・敬称略)

会期:2019年12月5日(木)~23日(月)
会場:cafe&pottery音 山口県長門市深川湯本1261-12
営業時間:11:00~17:30(イベント時は変更あり)
定休日:毎週火・水曜日(イベント時は変更あり)
電話番号: 0837-25-4004
FBページはこちら>>

作品の一部をご紹介いたします
作陶 坂倉善右衛門

作陶 坂倉正紘

作陶 田原崇雄

お正月の席にぴったりな酒器や銘々皿もたくさんございます。
あのひとにはこれがいいかしら、、、と悩むのもたのしいうつわ選び。ぜひお運びくださいませ。