冬の星座・オリオン座にある「星の製造工場」を見ませんか?

12月にご覧いただける、長門の星空情報をご案内いたします。
凛とした長門の冬の夜空は、星たちの輝きをより近くに感じる季節です。
11月に続き「スバル(昴)」 、12月15日頃より「オリオン座」にある星の製造工場「オリオン星雲」をご覧いただけます。
夜空の状況により、カペラ、ペテルギウス、リゲルなどの恒星もご覧いただけるかもしれません。

▼オリオン星雲とは?

冬の星座を代表する「オリオン座」。
その名は、ギリシャ神話に登場する「英雄オリオン」が、こん棒をふりかざした姿に形状が似ていることから、オリオン座と呼ばれております。オリオン座の特徴である三ツ星の左下あたりをよく見ると、肉眼でもぼーっと光っている部分がございます。 そこが「オリオン星雲」です。オリオン星雲に望遠鏡をむけると、鳥が羽をひろげたようなカタチをご覧いただけます。
(上記画像:大谷山荘天体ドームにて撮影)

☆なぜ、オリオン星雲はぼーっとして見えるの?
オリオン星雲の中ほどにあり、明るい中心部には、台形のように集まった四つ星が輝いております。
この四つの星たちを中心に、生まれて20万年ほどの「赤ちゃん星たち」が、集まっております。
ぼーっと見えるのは、周りのガスを発光させているためです。
多くの星々が現在進行形で誕生しつつある、いわば「星の製造工場」です。

<12月の観測予定>
●12月1(土)~14(金)
・スバル(昴) ・オリオン星雲
●12月15(土)~23(日)
・スバル(昴) ・月
●12月24(月)~31(月)
・スバル(昴) ・オリオン星雲

大谷山荘天体ドームは、別邸音信にご宿泊者のお客様も無料でご覧いただけます。
事前にお電話にてご予約くださいませ。
別邸音信 予約センター TEL:0837-25-3377

もっと詳しく星空のことを知りたい時は、「国立天文台ほしぞら情報」のサイトが大変参考になります。
ぜひご覧くださいませ。