今月の天体:北斗七星のミザール

アイキャッチ

3月の見頃な天体のご案内です。
北の空をめぐる星々の中で、まず一番目につくのは北斗七星かと思います。
北斗七星は季節を問わず、ほとんどひと晩中いつでも北の空に見えていますから、春の星と限るものではありませんが、春の宵に北の空高く横たわりますので、見ごろといえばやはり春ということになるようです。
この北斗七星は、おおぐま座の腰からしっぽにかけての部分にあたります。
さて、北斗七星といえば、ひしゃくの柄の先から二番目のゼータ星ミザールに注目してください。すぐそばに小さな星がちょこんとくっついているのがわかるはずです。これがアルコルです。その昔、アラビアでは兵士の視力検査にこの星を使い、ミザールとアルコルが見分けられたものを合格にしたといわれています。
ぜひ一度目試しをしてご覧くださいませ。
8階ギャラリー、天体ドームでお待ちしております。

別邸 音信 〒759-4103 山口県 長門市 深川湯本 2208
Bettei Otozure, 2208 Yumoto-Onsen Nagato-shi,Yamaguchi-Prefecture, Japan 759-4103