本日は、今年いちばんの季節のお花「角島の水仙(すいせん)」をご案内いたします。

本日は、今年いちばんの季節のお花「角島の水仙(すいせん)」をご案内いたします。
1月14日、那覇では桜が開花したようです。
角島灯台では、ただいま、すそ野一面に淡い水仙(すいせん)の花と香りに包まれております(撮影:2017年1月13日)。
水仙の花が咲きますと、あたりは英国ガーデンのような雰囲気になると言われております。
設計がイギリス人技師ブラントン氏により、明治9年に完成。29.6メートルの高さは、日本で3番目に高いそうです。
また、灯台=白壁のイメージがございますが、この灯台は、徳山産の花崗岩でできた石造り。
西洋の古城のような重厚な雰囲気を放ちます。
毎年、1月下旬~2月中旬までが見頃となります。
撮影当日は強風でしたが、お天気がよい日は、少し散策するのもおすすめです。
※風が冷たいため、風を通しづらい服装をおすすめいたします
▼角島灯台へのアクセス情報はこちら
http://www.otanisanso.co.jp/map_kanko_shimo.html#gmap
#角島 #水仙 #長門市 #山口県

角島 灯台

角島 灯台2

宿 別邸 音信 〒759-4103 山口県 長門市 湯本温泉 2208Ryokan Bettei Otozure, 2208 Yumoto-Onsen Nagato-shi,Yamaguchi-Prefecture, Japan 759-4103

「元乃隅稲成神社」「角島大橋」へ気軽にお立ち寄りいただける、便利な「やまぐち絶景満喫バス」をご案内させていただきます。

本日は、一度はみたい!2つの絶景スポット「元乃隅稲成神社」「角島大橋」へ気軽にお立ち寄りいただける、便利な「やまぐち絶景満喫バス」をご案内させていただきます。
2016年10月1日(土)~12月31日(土)の期間、土日祝日限定で「元乃隅稲成神社(30分)」と「角島大橋」をめぐる「やまぐち絶景満喫バス」が登場いたします。
http://goo.gl/6J91xx
公共交通機関ではアクセスが難しいこちらのスポットは、撮影ポイントとしても有名です。
旅情あふれる秋。この機会にぜひ「やまぐち絶景満喫バス」に乗車して、素敵な一枚を撮影してください。
~大谷山荘からもご乗車いただけます~
●11:15発…大谷山荘ロビー・フロント前●ご旅行代金:大人4,500円
●ご予約、お問合せは下記をご参照くださいませ(JTB中国四国:やまぐち絶景満喫バス予約センター)
http://bit.ly/2clocs7
<絶景バスルート>
下関駅(8:30)=新下関駅(9:00)=新山口駅(10:20)==長門湯本温泉・大谷山荘(11:15)湯本観光ホテル西京(11:20)=元乃隅稲成神社(30分)=道の駅 北浦街道 豊北(昼食各自)(60分)=角島大橋・角島灯台公園(90分)=湯田温泉(18:30)=新山口駅(19:00)=山口宇部空港(19:30)=新下関(20:40)
※この企画は、「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン」のプレキャンペーンです。

絶景バスJTBサイト

宿 別邸 音信 〒759-4103 山口県 長門市 湯本温泉 2208Ryokan Bettei Otozure, 2208 Yumoto-Onsen Nagato-shi,Yamaguchi-Prefecture, Japan 759-4103

瓦そば「たかせ本館」のご紹介です

本日は、下関市にございます「元祖瓦そば たかせ本館」をご紹介いたします。
下関市川棚周辺ではおなじみのご当地グルメ「瓦そば」。熱した瓦に、ゆでて炒めた茶そばを盛りつけ、その上に牛肉や錦糸卵、のりなどをトッピング。かつおと昆布のだしがきいた温かいつゆにつけて、アツアツでいただきます。瓦の熱によって少しずつ焦げ始める茶そばのパリパリ感がまたたまりません。これぞ、“場所” の味。山口にお越しの際はぜひご賞味いただきた一品です!
また、瓦そばと並ぶ、もう一つの人気メニューが「うなめし」。秘伝のたれをつけて香ばしくふっくらと焼いた国産うなぎは必食の旨さです。

名前 元祖瓦そば たかせ川棚本館
住所 山口県下関市豊浦町大字川棚5437(当館よりお車で約60分)
電話番号 083-772-3957
営業時間 11:00~20:00 (木曜定休)

Loved by locals, Kawara-soba is a green tea soba noodle placed on a hot roof tile, topped with thinly shredded egg omelet, salty seasoned beef and roasted seaweed. It is served with a warm dipping sauce. The hot tile gives the soba noodles the crispy and slightly scorched taste. This is the local cuisine! Come try an amazing food when visiting Yamaguchi prefecture.
Also, Unameshi (steamed rice with eel) is a must-eat dish. The eels here are fragrant and soft in a secret sweet sauce.

Venue Kawara Soba Takase Kawatana Main Wing
Address 5437 Kawatana, Toyoura-cho, Shimonoseki-shi, Yamaguchi-Prefecture
*a 60-minute drive from Bettei Otozure
Contact 083-772-3957
Opening Hours 11:00am-8:00pm / closed Thu

kawara-soba

宿 別邸 音信 〒759-4103 山口県 長門市 湯本温泉 2208
Ryokan Bettei Otozure, 2208 Yumoto-Onsen Nagato-shi,Yamaguchi-Prefecture, Japan 759-4103